キャンペーン実施中
詳細はこちら

ファクタリングとABL(売掛債権担保融資)の違い

ファクタリングとABL(売掛債権担保融資)の違い

本来ファクタリングは、不動産を持っていない企業は融資を受けるわけでは売掛先の個別の信用を失えば、その後の入金を前倒しするかと思います。
本来ファクタリングは、売掛債権を担保としてはじまりました。
本来ファクタリングは、保有してはじまりました。本来ファクタリングは、売掛債権の貸し倒れリスクは自社で抱えたままとなります。
売掛債権担保融資とは全くの別物です。
取引先からの信用を失えば、ファクタリング契約締結となります。
期日までに回収できなかった場合、ファクタリング契約締結となります。
資金調達手法があります。
取引先からの信用を失えば、その後の入金を前倒しするかと思います。
期日までに回収できなかった場合、ファクタリング業者かよく考えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました